LIFE, STAY & Experience

スカの森 STAY&Experience 「DIYな宿づくり 消防編」

 二度目のイギリスで初めてベッド&ブレックファーストファーストに泊まったとき、楽しくてうれしくて、自分もこんな宿をやりたいと思った。その時は実現しなかったけれど、いよいよこの4月に宿をオープンできそうだ。
 オープンしようと決めてから、いろいろな形態の宿があることや、旅館業法、消防法、食事を提供するには食品衛生法など、いろいろな法律がかかわっていることを知った。旅館業は許可の取得が必要だが、民泊新法が施行され民泊は届出により開業できることになった。その時々で理解して決定してきたけれど、法律はとてもややこしく難解だった。
 もっともややこやしかったのが、消防設備の設置や適合通知を受け取るための書類の作成だったが、これは消防士さんの助けがあり通知を受け取ることができた。命を懸けて人命を救助する仕事をされている方たちだけに、ちんぷんかんぷんな私たちのことをとても親切に助けてくれた。消防士はかっこいい職業ランキング、三本の指に入ると思っていたけれど、やっぱりかっこよかった。
 そういえば、開業にあたり、今のところ、なにひとつ工事を外注していない。消防設備の取り付けも全てDIYで行った。 消防設備の専門業者にお願いすればすぐに取付完了しただろうが、少しずつ性能が違う機械が同じメーカーから何種類も出ていて、しかもこっちのメーカーとあっちのメーカーでは性能の表示の仕方が若干違ったりして、どれを選ぶとよいのか理解するのに時間がかかった。消防機器の発注は、ややこやしいの極致だった。ちなみに、消防設備として必要な看板も、法律上自分で作成しても構わないものは自分で作成した。カッターで紙を切り抜いてスプレーした文字は、紙が薄くて浮いたため、残念なことにペンキが少しにじんでいる。
DIYで準備してきた体験型の宿がオープンしたら、次は、山や畑や暮らしに手間をかけることを体験してもらえるプログラムを決めていく。ところで、今日思いついたのは、『のびのび舎』の加工品づくり体験なんてどうかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です